EC studio EC studio 技術ブログ

EC studioでは第13回目の合宿がはじまりました。(参照:社長ブログ
今回のメインプロジェクトは「次世代HP売上プラス」です。

現在弊社で提供している「HP売上プラス」は
SEOという言葉ができる前からサービス提供しており、
SEOツール、そして診断サービスという
ビジネスのジャンルを新しく開拓してきました。

しかし、検索エンジンの高度化やオンラインブックマークなどを
はじめとするソーシャルメディアの出現など、
ホームページをとりまく環境は大きく変わってきています。

また、Ajaxや各種サービスAPI、AmazonのEC2&S3などを
はじめとする新技術の登場により、数年前と比べると
Webのシステム開発もできることがまったく変わってきています。

そこで、全くのゼロから、
「自社で使いたくなる理想のツール」
を考え、開発することになりました。

技術的な難しさとか、開発期間などは一切考えないで考えました。

サポートチーム、診断チーム、デザインから技術からいままで
たまりにたまっていたやりたいことを詰め込みまくったので、
とんでもないものに(笑)

ですが、誰もが「これができたらスゴイ!!」と納得できるような
ものができあがってきました。

Webサイト運用の決定版というぐらいのものを作りたいと思っています。

Webサイトの運営者様はもちろん、Web制作会社さん、
Webコンサルティング会社さんにもご活用いただけるものになりそうです。

EC studioではサーバーエンジニアを募集中

今回のプロジェクトではAmazonのEC2とS3をフル活用したサービスになる予定です。

Amazon Web Service

AmazonのEC2やS3はサーバー技術の革命ともいうべきもので、
サーバー環境を電気や水道のように提供するという
「ユーティリティ・コンピューティング」というサービスです。

データセンターやサーバーのハードウェアを用意する必要はなく、
Amazonが用意したコマンドを叩けば自動でサーバーが1台増える
といったようなものです。(VPSの様なもの)
しかも、Amazonがamazon.comで培ったサーバー技術が
投入されているので、ハードウェア障害やネットワーク障害など
を一切気にする必要がありません。

まだまだ日本では活用事例はほとんどありませんが、
海外ではSecond Lifeのリンデンラボなど多数の採用事例があります。
今後、サーバーのホスティングはこの様な
「ユーティリティ・コンピューティング」が主流になってくると思われます。
(参考記事:IT Pro EC2についてRedHatがEC2に対応)

EC studioでは、EC2とS3をいち早く研究し、
GoogleやYahooなどの様な高い品質のサービスを目指していきます。

そこで、一緒に最先端のサーバー技術を研究開発していく
サーバーエンジニアの方を募集しています!

詳しくはこちらの社長ブログの記事を参照してください。

東京オフィス、大阪オフィスどちらでもOKです。


関連した記事:
投稿者
人気のエントリー
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.